【文法】台湾の中国語での二と兩の使い分け


初心者の方で「台湾の中国語での二と兩の使い分け」が分からない方がけっこういらっしゃいますのでちょっと説明いたします。

順番を数えるときは一,二,三,四,五
数を数えるときは一,兩,三,四,五

と言う数え方を基本的にします。

ちなみに時間は順番なのに一點鐘,兩點鐘と数える理由は
昔は鐘が何回鳴るのかで時間を確認してたので、2回、つまり数を数えるので兩點鐘となった模様です。

200は基本的には二,兩どっちもOKらしいです。
しかし二百五には「馬鹿」と言う意味があるので、それを嫌がって「兩百五」と言うらしいです。

ただし、どちらも使える場合もあるので、慣れてくれば、違和感感じなくなると思います。
日本語の数え方より簡単なのですぐ覚えられると思います。

大陸では二百と数える人もけっこういらっしゃいます。

関連商品

デイリー日本語・台湾華語・英語辞典

新品価格
¥2,160から
(2019/5/29 13:44時点)